現代人のメンタル不調の原因を知っていますか?

■現代人のメンタル不調の原因は?

人を取り巻く環境は
この半世紀で大きく変わりました。
朝、日の出と共に目覚め、
夜、日の入りと共に休息につく・・・・、
そんな時代とはうって変り、
今では活動量と休息量が逆転しました。

産業や社会システムの発展と共に、
環境、生活様式も大幅に変わりました。
情報化や通信手段は進んでいきますが、
その一方で、人と人との絆は薄れ、
多くの人が孤独感やストレスを抱えています。

膨大な情報、膨大な製品、
目まぐるしく変化していく社会システムや
社会情勢に翻弄され、人に元々備わる、

情緒や、秩序、生命力はしだいに薄れていきます。

コンディションの不調や、
ストレスの原因は人によって様々ですが、
一つの共通要素があります。
生活の様々なシチュエーションの中で『快』の要素より

『不快』の要素が増えているということです。
そして、「不快」要素が増えると、
コンディションが不調に導かれます。

■コンディションの不調を招く他の要素

生活の中にも心身を不調に導く要素は数多くあります。

有害食品/水質悪化
・残留農薬、食品添加物、化学薬品などを含む食品
・栄養バランスの崩れ、ジャンクフード
・塩素など有害物質を含む水道水

有害化学物質
・日用品や建築資材に使われる化学物質、大気汚染による被害

電磁波/プラスイオン過多
・テレビ、電子レンジ、パソコン、携帯電話など、
身近に存在する電子機器類からは電磁波が放出される
・自然の少ない環境、密閉したオフィスビル、
電磁波の多い環境、換気の悪い部屋、エアコンなどで
プラスイオンが増えると、ストレス、疲労体質になりやすい。

過労 ・過労は免疫力を低下させ、
過労が原因で病気になる場合もあります。
→疲労物質は体質を酸性体質化し、ストレスや病気も招く

引用:波動の超革命/深野一幸著/廣済堂

■「悪い要素」は互いに引き合う?

心身の健康を害す要素

(悪環境、有害物質、有害食品、不調、悪感情)

は互いに引き合い、影響し合う性質を持ちます。

■現代人はリカバリーモードが発現しにくい

体には、元々、健康維持の為の
リカバリーシステムが備わっていますが、
多忙でストレスの多い現代人は、
このシステムを作動させにくくなっています。

シロダーラは、アーユルヴェーダで
心の不調に用いられます。

深いリラックス状態が、
メンタルケアをおこない、
本来のリカバリーシステムを
取り戻していく効果があります。